自然葬

自然葬

自然葬 (しぜんそう)とは、一般的な墓地などに石碑を建てたお墓ではなく、山や海など自然の大きな循環の中に回帰していこうとする葬送の方法の総称です。
山や海などにご遺骨をパウダー状(粉状)にしたご遺灰を還す葬法の散骨、墓地として認許された墓域に還す葬法の樹木葬、広い意味では風葬や土葬など、日本人が古代より自然と行ってきた葬送の方法のひとつであり、現代では、霊園や墓地などを造成せず、環境にも優しい葬送方法としてとても注目されています。
また、お墓を継承する人がいなくとも良いということもメリットと言えるます。

  • 全国の様々な地域にある玉泉院の会館は、皆様とともに歩んでいます。その地域の土地柄を大切にし、皆様に懐かしさを感じさせるとともに思い出も大切にしています。