おもてなしの空間
快適な居室であること 葬儀という非日常の時間の中では、誰もが、気付かないうちに疲労を溜め込んでしまいます。ご遺族様の中には、それをあたりませのことだと考えている方がいます。私たちはそうは思いません。常に、快適に過ごせる葬儀場であることが玉船員の基本です。例えば、ご遺族様が多くの時間を過ごす控え室を、私たちは「ロイヤルリビングルーム」と名付けています。まるで旅先の宿のように寛ぐことができ、高級ホテルの用に気品にあふれたインテリアでご遺族様の心と体を癒します。疲れたら、どうぞごろりと横になってください。どっしりとソファに腰を下ろし、故人の思い出話に花を咲かせて下さい。穏やかな気持ちで、ゆっくりとお別れの時間を過ごせる空間をご用意しています。
息の詰まった心を、そっと癒す和室も各会館にご用意しております。誰もが足を伸ばしてくつろげる開放的なリビングルームが魅力です。

機能的な施設であること あらゆるご要望に対応するために、使い勝手がよく、効率的で、実用性が高い施設であることを心がけています。安置室は、24時間いつでも受け入れ可能です。しっかりとプライベートを確保できる設計となっており、会館でのご遺体の安置にも対応できます。さらに宗派を問わない葬儀ができる設備があります。また、ご遺族様がご宿泊できるようにカプセルベットやお風呂を備えていますし、控え室には、キッチンを備えている会館もあります。そして、要所にスロープや手すりなどのバリアフリー設備を整えています。訪れた方のストレスをできるだけ軽減できるように、細部まで配慮を重ねています。
一夜を過ごしても、くつろげる設備をご用意しております。まるでリビングのように開放的な空間です。

故人を感じられる場所であること 故人がお好きだった音楽をお流しする。過ごしてきた人生を年表にし、お写真などと一緒に、斎場内に展示する。時には、大型スクリーンでビデオ上映をする。あるいは、エレクトーンで生演奏を行う。さらには、ご希望によって天井に星空を映し出し、まるでプラネタリウムのような演出を施す。故人やご遺族様のご要望により、私たちはオーダーメイドの空間を作ります。「その人らしい」個性にあふれた葬儀で、お別れの時間と空間を演出します。
プラネタリウムのような幻想的な空間でお見送りすることができます。故人やご遺族のご要望に合わせてふれ愛の場をお創りします。
トップへ戻る