おもてなしの心
心を尽くすということ 身近な人とのお別れは、突然に訪れます。予め覚悟していたことしても、その瞬間は、どうすればいいのかわからなくなってしまう方がほとんどです。しかも、その後に待っているのはなれない葬儀の準備や進行です。これでは、心身ともに疲れてしまうのも無理はありません。そんな時は、どうか私たちのことを思い出して下さい。ご遺族のそばに、いつも寄り添っていること。不安を和らげ、負担を軽くすること。大丈夫ですよろ、微笑みかけること。心を尽くすことが、私たちの信念です。365日、24時間、いつかやってくるかもしれないその時のために、私たちはいつでも待機しています。
ご遺族の目線に合わせた快適なご準備をしています。陰ながらそばで寄り添うことでご遺族様の不安と負担を和らげます。

誰よりも専門家であること 当たり前のことですが、葬儀を行うことに慣れている方はいません。しかも、世の中に「同じ葬儀」はひとつとしてありませんから、一般の方なら尚更です。宗派や地域の風習によって作法が違います。故人やご遺族様のご要望によって規模も演出方法も変わります。遠方からの参列者様をお待ちするために、日程調整が必要な時があります。ご遺体を海外搬送しなければならないケースもあります。セルもグループ全体での年間依頼数は、およそ8000件。私たちは、すべてのケースに対応してきた葬儀のプロフェッショナルです。地域の名士のための県民葬や市民葬・町民葬などの大規模な葬儀を執り行ってきた経験もあります。ご遺族の意向により、エンバーミングなどの対応も行います。あらゆるケースにおいて、故人とのお別れの時をお手伝いします。
安心を体感して頂く為に様々なアイデアや手法で葬儀を行います。花のことを熟知しているスタッフが最高のお見送りをいたします。

地域に根ざすということ 故人が仁税という時間を過ごした地域社会。そうした故人にふさわしい葬儀を行うためにも、葬儀会館という依存は、地域に根ざした場所であるべきだと考えています。私たちは、地域での行われているイベントや、ボランティア活動にも積極的に参加します。時に地元の方々を招き、さまざまな催しを行うこともあります。それは、何よりもコミュニティの一員としての責任を全うするためです。地域に溶け込み、その一員となること。そうすることで、次世代へと受け継がれていく斎場となること。私たちの日々の活動が、ひいては、故人とご遺族様のための、より良い葬儀につながっていくと死んでて押します。
地域の方々のお声と相談しながら打ち合わせをしています。全国の様々な地域にある玉泉院は皆様とともに歩んでいます。
トップへ戻る