遺族の思いを形にする故人らしい葬儀を実現

葬儀とは単なる儀式ではなく、大切な人との最期のお別れの場です。
長い人生の中で、お世話になった人、お世話をした人、
それぞれにご遺族の皆様から感謝を込めて、
故人様を温かく愛情に包まれた「お別れ」にしていただく為に、
大勢の人からお顔をみてふれながら最後の言葉をかけて頂く、
それが「ふれ愛葬」です。
セルモグループでは一人一人の故人様らしさを表現した
プロデュースをご提案しております。

ふれ愛葬では、まずご遺族様に、故人の思い出、人柄、
仕事、趣味などについて、話を聞くことから始まります。
故人やご家族の想い、故人との絆など、
目には見えないものをスタッフ全員が受け取り、
故人らしさを表現した葬儀をプロデュースします。

例えば、剣道部の師範だった人の葬儀では、
愛用していた防具や賞状などを祭壇に展示します。
また、模型飛行機作りが趣味だった人の葬儀では、
式場前に模型飛行機が空を羽ばたいているかのように飾ります。
故人の人となりや生きざま、遺族の想いを伝えるお別れの場を、
ヒヤリングを基に演出しています。

TOPへ
¥